株式会社メディプラス

株式会社メディプラス

2019年03月20日

伝達講習会を開きました

こんばんは!大和事業所です。

先日、当事業所PTが研修に参加してきたため、その伝達講習会を行いました。 今回参加した勉強会のテーマは『慢性疼痛に対する運動療法』でした。

当事業所の利用者様の中でも慢性疼痛に悩む方は非常に多くいらっしゃるため、事業所全体で慢性疼痛に対する理解を深めようということで、痛みの基礎知識や有効とされる治療法について勉強しました。



慢性疼痛を理解する上で重要な事は、まず、急性痛との区別であると思います。

明らかな組織損傷があって生じる急性痛に対し、慢性疼痛の発生機序は非常に複雑であるといわれています。

外傷や疾患により生じた身体機能障害(生物学的要因)に加え、不安やうつなどの心理的要因や、仕事のストレスや失業、配偶者の死別といったライフイベントなどの社会的要因が痛みを悪化させたり、長引かせるということがわかってきています。

慢性疼痛に対する治療についても研究が進み、現在では「痛ければできるだけ安静に」という常識は覆され、運動療法や有酸素運動を行う事が有効であるということが定説となりつつあります。また、マッサージや徒手療法のみを単独で行うのではなく、運動療法と併用する事で鎮痛効果や機能改善が図れる事が科学的に証明されています。

 

今回参加した勉強会では、このように複雑化した慢性疼痛に対する具体的な評価法や運動療法の組み立て方について明示されており、知識のアップデートになったことはもちろん、日々の現場で実践していくための手立てを示してくださいました。当事業所でも参考にさせて頂きたいと思います。



 

しかしながら、一般の方々にとって「痛ければ安静に」という考えはまだまだ根強く残っているように感じます。そのため、「痛くても運動した方がいい」という事をただただ主張してもうまくリハビリは進まないことは容易に想像できます。

病院やクリニックではなく、「自宅」という場で行う所が訪問リハビリの難しい点でもありますが、いかにその気にさせるかという働きかけが重要であるように思いました。

そして、在宅領域で慢性疼痛に対するリハビリテーションを遂行していくためには、訪問看護の一事業所が単体でアプローチするのではなく、その方に関わる介護保険サービスのスタッフ同士が慢性疼痛に対する適切な対処を知り、共通認識のもとで関わっていく事が求められてくると思います。

そのための具体策として、ケアマネやデイサービス、訪問介護事業所の方々との勉強会を行うなども検討していければと思います。

 

 

2019年03月1日

告知:第一回やまとリハビリテーションフォーラムが開催されます!

こんにちは。大和事業所です!

 

この度、3月10日に当事業所も去年から参加しているやまとリハビリテーション連絡会が主催する「やまとリハビリテーションフォーラム」が開催されます。

 

やまとリハ連絡会では、安心して暮らしていける地域づくりを目指し、リハビリテーション関連職種が集い、勉強会等を通して職種間の連携の強化を図ってきました。

今回、地域住民の方が安心して暮らしていけるように、必要な方に必要リハビリを提供できるようにと、「リハビリテーション関連職種が地域医療において担えること」をテーマにこのフォーラムを開催する運びとなりました。

 

当日は、シンポジウムやリハビリ体験、無料相談などを実施します。また、特別講演として、蔵前協立診療所 所長の原田 文植先生、西鶴間メディカルクリニックの理学療法士 江原 弘之先生にご登壇いただきます。

 

当事業所職員も当日の運営スタッフとして参加しています。

先着150名無料でどなたでも参加可能となっていますので、ご興味のある方は是非ご参加ください!

 

 

大和のタウンニュースでも紹介されています。詳細はこちら↓↓

https://www.townnews.co.jp/0401/2019/02/22/470434.html?fbclid=IwAR3XUrYyxBFKdXG2EiGFbBzmtxyeQLDtNzS-7gfIud5jo0PWy-OSH9UNTh8

 

https://www.facebook.com/events/760689560956765/

2019年02月18日

第7回健康体操教室 健康寿命のび~る体操で元気に活き活き長生き!

こんにちは、タツミ訪問看護ステーション伊勢原です!

昨日、平成31年2月16日(土)伊勢原シティプラザにて、
第7回健康体操教室を開催いたしました



今回は、「健康寿命のび~る体操で元気に活き活き長生き!」をテーマに、
健康寿命に関するお話を交えながら、皆様と楽しく運動を行いました



まずは簡単な体力測定を行いました!
握力、片足立ち、5m歩行を測定し皆様それぞれの用紙に記録
男女別・年齢別の平均値と比べていただきました









片足立ちが苦手・・・握力が弱い・・・等
ひとりひとりご自分の身体のことを知っていただき、
生活の中にこういう運動を取り入れてみよう!と考えていただく機会になったかと思います





看護師からのワンポイントアドバイスでは、「かかりつけ医」についてお話しました



後半は、グループに分かれて輪になり、今後の生活に取り入れられる運動を紹介しつつ・・・
たくさん体を動かしていただきました(スタッフも全員参加です)
しりとりなどのゲームをしながらの運動はとても盛り上がりました





最後はおなじみの「ズンドコ体操」を行いました

 

初めて参加してくださった方から、
「こういう教室があるのを知らず、たまたま見つけて参加したけれど、
楽しかった、またぜひ参加したいです」と声をかけていただきました

何度か参加してくださっている方からは、「今回が一番良かった」とのお声が
ありがとうございます

今回は、なかなか会場が確保できず久しぶりの開催となってしまいましたが、
皆様笑顔で帰られて行くのをみて、開催出来て良かったと思いました

次回開催は未定ですが、開催1ヶ月前頃に伊勢原市の広報でお知らせいたしますので、
機会がありましたらぜひご参加ください

 

(タツミ訪問看護ステーション伊勢原 事務 伴)

2018年11月22日

八王子みなみ野 めじろ台 排泄介助講座





平素よりお世話になっております。
タツミ訪問看護ステーション八王子みなみ野です。
11/22にめじろ台会館にて当事業所の看護師と理学療法士が地域在住の方々に向けた排泄支援の講座に参加させていただきました。
当日は多くの市民の方々が参加され、実際の排泄介助の対応やコツを共有させていただくことができました。
オムツの選び方や当て方、ベッド上での移動等、様々なことに地域の方が関心を寄せられ、質疑応答が多く和気あいあいとした雰囲気でした。
これからも看護とリハビリが1122(良い夫婦)となって、地域の皆様の暮らしに寄り添っていけるように邁進して参ります。
参加された地域の皆様、主催いただいた高齢者あんしん相談センターめじろ様、介助方法を指導いただいた十字会ケアステーション様、ありがとうございました。

2018年09月4日

第3回健康教室を開催してきました!

 

大和事業所です。

8月25日にあかり食堂さんにて、第3回目の健康教室を開催してきました。

第1回目は筋トレを切り口に、「力の出せる身体づくり」について、第2回目は「言葉」や自身の「思考の癖」が身体に及ぼす影響についてお話し、“予防”という言葉の持つ意味合いをご説明した上で、転倒予防対策を紹介させて頂きました。

今回は、元気に暮らすためのポイントをテーマに、「人との繋がり」や人集う「場」の持つ力についてお話しました。


まずはじめに健康と元気の違いについて、参加者全員に考えて頂き、意見交換をしました。

両者は同義語のように扱われることも多く、それらの違いを考えたことがないという参加者もいらっしゃいましたが、少し時間を設けて考える事でさまざまな意見が出てきました。

 

健康とは病院の検査で異常がない状態。健康は体の状態の事で、元気は心の状態の事。元気な人は笑顔でいきいきしている。やりたい事に没頭している。等々。

 

話を聞いていると、表現は異なっても、同じような意見が多く、私が想像していたよりも共通のニュアンスを持っているのだということがわかりました。

両者の違いを脳の働きという観点からみると、健康とは病気や怪我に対する予防的な考え方であり、それは人間ならではの考える力や判断する能力があるからこそできることです。一方で元気な状態を想像してみると、やりたい事に夢中になっていたり、ご友人や家族との交流を通して笑顔で溢れるようないきいきとした状態が思い浮かびます。そのような状態のときは思考や判断といった脳の働きではなく、情動を司る領域が刺激されます。また、他者との交流を通した「楽しい」「嬉しい」という感情がさまざまな意欲を生み出すということをお話しました。

ということで、今回は体操や運動ではなく、情動を刺激するような皆で力を合わせて1つの事に取り組むという要素を取り入れたワークを考えました。ストローを使ったゲームや我々の顔面をカラーコピーして作った福笑いなどを行いました。簡 単そうで難しかったり、懐かしさもあり、終始大盛り上がりで、大幅に予定時間をオーバーしてしまいました。

      
ワークを行う前後で体幹の可動域をチェックすると、身体の状態が変化している事に驚いている方がたくさんいらっしゃいました。こうした人との交流が直接的に身体に良い影響を与えているという事をご自身の身体を通して感じて頂けたことと思います。社会的交流を持つことの意味を、概論としてではなく実感として理解して頂けたことは今回の講座の非常に重要な部分であったと思います。

終了後に早速、健康教室の講師依頼があり、今後の活動へと繋がるお声も頂けました。杖を忘れて帰る方、それを笑いながら大きな声で注意する方など、満面の笑みで帰っていく参加者の方々の顔を見て、企画や準備の大変さもありましたが、開催して良かったと思いました。

あかり食堂さんと共催で、4月から定期的に地域住民の方々に向けて健康教室を開催してきました。当初の予定通り、3部作の健康教室となっており今回で一区切りとなりますが、3回実施して終了とせず、今回集まって下さった皆様に向けて、これからも健康教室を開いていけたらと考えています。

また、「安心して暮らせる街づくり」に向け、この健康教室をさらに多くの方々に聞いて頂けるように周知活動を行っていきたいと思います。健康教室の依頼等ございましたら、是非ともお声掛けいただければと思います。

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

カテゴリー

12345...最後 »

株式会社メディプラス (以下「当社」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

◆個人情報の管理
当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

◆個人情報の利用目的
お客さまからお預かりした個人情報は、当社からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。

◆個人情報の第三者への開示・提供の禁止
当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。
・お客さまの同意がある場合
・お客様個人を特定できない状態で開示する場合
・お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合
・法令に基づき開示することが必要である場合

◆個人情報の安全対策
当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。

◆ご本人の照会
お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

◆法令、規範の遵守と見直し
当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。なお、その場合には、当社Webサイト上に常に最新のプライバシーポリシーを掲載いたします。

◆お問い合せ
当社の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。

株式会社メディプラス
〒220-6208 
神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-5
クイーンズタワーC棟8F
TEL:045-664-7510

◆反社会的勢力排除宣言
株式会社メディプラスは、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力に対し、全社一丸となって排除することを宣言致します。
1.当社は、暴力団等反社会的勢力とは、一切の関係を遮断します。
2.当社は、暴力団等反社会的勢力による不当要求に対しては、毅然と拒絶します。
3.当社は、暴力団等反社会的勢力とは、サービスの提供その他一切の取引を行いません。