株式会社メディプラス

株式会社メディプラス

2018年02月23日

第8回やまとリハビリテーション連絡会に参加してきました

こんにちは。大和事業所です。

 

2月16日に開催された第8回やまとリハ連絡会にリハスタッフが参加してきました。

第6回から続けて参加させて頂いていますが、毎回多くの方々が集まっていて、地域づくりに向けて施設間の連携を強めていくことへの関心の高さが伺えました。

今回のテーマは、心疾患リハビリテーションのリスク管理についてでした。

お話してくださった大和成和病院で理学療法士をされている原田先生は、普段は主に急性期の心疾患の方を対象にリハビリテーションをされていらっしゃいますが、「急性期病院を退院、もしくは転院した先でリハビリを行うためには」という視点で、どのような疾患の方でも、心不全の既往があった際に何に注意すればよいのかを具体的に明示してお話を進めて下さいました。

例えば、運動処方の目安としてはBorgスケール11~13を上限にする事、注意が必要な身体所見は息切れと浮腫みであり、安静時の息切れや労作時の息切れの増悪、起座呼吸等のうっ血所見を見逃さない事、薬物療法としてβ遮断薬を使っている場合は安静時心拍数から+20拍/分を目安に心拍数の変動に注意する事など、非常に分かりやすく、知識を整理することができました。

慢性心不全のリハビリテーションにおいて、大事なことは長期予後の改善です。そのためには回復期、維持期、在宅における患者指導や教育が重要であり、急性期から在宅まで包括的で長期的な支援が必要となります。今回、原田先生は初めてやまとリハ連絡会に参加されたとのことですが、そういった背景をもとにお話ししてくださっている事が伝わってきました。

今回の講演をもとに心疾患を抱えた方に対して、長期予後を見据えて、急性期病院のみでなく、大和市のどこにいても適切なリハビリテーションが提供できるような地域にしていきたいと思いました。

 

最後に阿座上会長からリハケア学会での発表報告があり、地域包括ケアシステムに向けた具体的な取り組みとして、こういった大和リハ連絡会のような活動がシームレスなケアを実現する為に非常に重要で、これからもっともっと発展させていく必要があり、次年度の活動も積極的に行っていくというお話がありました。

また、訪問診療をおこなっている医師や行政の方々とお話しする場へ参加され、意見交換を行ったところ、リハビリの需要はあるが、どこにどう依頼したらいいのかわからないといった声が多く聞かれたそうです。

在宅での訪問リハビリの適応や導入について、まだまだ認識されていないというお話もあり、我々訪問介護ステーションとしては、こういった連絡会の活動の充実とともに、在宅診療を行う医師や自治体、行政などの外部の方々へ周知していく取り組みが必要であると実感しました。

 

今回のテーマであった心疾患に対するリハビリテーションについて、後日、改めてまとめてみたいと思いますので、またお読みいただけたら幸いです!

2018年02月9日

福は~内!!👹は外!!!

こんにちは!タツミのデイサービス八王子みなみ野 職員の山口です(^^)

先日の降雪は大変でしたね…⛄八王子にはまだその雪も残っておりますが、ご利用者様と散歩やドライブで景色として楽しめる程度になりました☺

「今年はもう降らなくていいね!」と職員だけでなくご利用者様も仰っております(笑)

さて、暦の上では春の始まり立春を迎えました。その前日と言えば…節分ですよね!(^^)!

そうです♪私達の大好きなイベントです!!今年も盛り上がりましたよ\(^o^)/

まずはこの日のおやつ
もちろん手作り恵方巻を丸かじり!!はさすがに危険ですので(笑)💦、食べやすく切って皆で美味しく召し上がりました(^ω^)

「今年はどの方角だっけ~?」 「南南東はどっち?」と話しながら賑やかなランチとなりました!

メインイベントはやっぱり豆まき
「今年は念願の赤だー!!」\(^o^)/と喜びながら赤鬼登場♪仲良く青鬼も連れて参戦してきました!!


2匹の登場に、ご利用者様もやる気満々!力強くボールを投げ鬼退治をしていただきました(^^♪
(ちなみに青鬼は赤鬼を裏切り、ご利用者様と一緒に赤鬼へボールを投げました( *´艸`))

最後は降参した鬼と仲良く記念撮影


とても楽しい節分イベントとなりました❕❕

ここの所インフルエンザが流行っておりますね…。今回のイベントも体調不良でお休みされる方がおりました(;_:)
ご利用者様だけでなく、職員も予防に心掛けて元気に毎日過ごせるよう努めて参ります(・ω・)ゞ

皆様もお身体にお気をつけ下さいね😌

2018年02月7日

研修報告会を行いました!

こんにちは!大和事業所です。

先日、事業所内で研修報告会を行いました。

勉強会や研修に参加した際は、伝達講習を行い、皆で情報共有できるように心掛けています!



今回は、研修のテーマであった慢性腎不全と人工透析の基礎という内容の伝達に加え、実際に在宅でリハビリを行う際のリスク管理について考えてみました。



慢性腎不全患者の状態を把握する手段として、検査項目や服薬状況等の医学的情報を得る事が大前提ではありますが、在宅では必要な情報がすべて揃っているとは限りません。

そうしたときに重要なのは、目の前の利用者さんを見て状態を推測する、すなわちフィジカルアセスメントだと考えます。

したがって「フィジカルアセスメント」をテーマに、慢性腎不全患者に起こりうる症状と身体所見について整理しました。すると、多くの病態に共通する身体所見は顔色不良、食欲低下、倦怠感であるということがわかりました。

療法士に求められることは、病態を的確に判断できる事よりも、異常を早期に発見できる事であると思います。そのためにもあらかじめ起こりやすい症状を把握しておく事が重要と思われます。

報告会に参加したスタッフから

「以前関わっていた利用者様で慢性腎不全の方がいて、状態が増悪した時はまさに今日の話にあったように顔色が不良で、倦怠感、食欲低下を訴えていた」

という話がありました。報告後の意見交換も盛んに行うことができ、今回の狙いであった「実際の在宅でどうするか」というところまで話が発展し、より実用的な報告会になったのではないかと思っています。

今回の報告会を通して、コミュニケーションをとる上でも重要であり基本的な事ですが、しっかりと相手の顔を見て察するということが大事であると改めて感じました。

日々の訪問でも、「なんとなく体調の確認をしておく」のでなく、「身体所見から病態を推察する」という視点を持って体調確認できると、会話や問診ひとつからたくさんの事を想像でき、より良いリスクマネジメントが出来るのではないかと思います。

2018年02月4日

2月入職者のお知らせ💕

みなさん、こんにちは。

今年もあっという間に1月が終わり、2月がスタートしました。

寒い日が続いていますが、みなさんお元気にお過ごしでしょうか☃️

さて、2月と言えば・・・・

一部の人には楽しみ、一部の人には憂鬱、また一部の人にはどうでも良い「バレンタインデー」

時節柄、話題になるイベントのひとつですね。

日本で定着してきたのは昭和50年頃だと言われています。

時代とともに「本命チョコ」以外にも「義理チョコ」「逆チョコ」「友チョコ」「自分チョコ」と様々なこじつけと相まって、何でもありの様相を呈しています。

年間の国内チョコレート総消費量の約2割がバレンタインデーに消費されるそうです

さてみなさん、「バレンタインデー症候群」をご存知でしょうか。

医師の間で、2月14日直後にチョコレートアレルギー症状を抱えて診察を受けに来る人を「バレンタインデー症候群」と呼ぶそうです。

アレルギー症状を発症しないまでもよく言われる・・・・

・チョコレートを食べると鼻血が出る

・チョコレートを食べるとニキビができる

・チョコレートを食べると太る

・・・・ということで職場の同僚や上司を体調不良にさせないためにも、職場での義理チョコはあげすぎ、もらいすぎにはくれぐれもご注意ください♪

今月も新しいメンバーが加わりました。

どうぞ宜しくお願い致します。

【海老名事業所】

 看護師 女性 1名

【鶴ヶ峰事業所】

 理学療法士 女性 1名

 理学療法士 男性 1名

【戸塚事業所】

 理学療法士 男性 1名

 

 

2018年02月2日

訪問介護事業所へ社員研修を開催させて頂きました! 後篇

前回の記事の続きです。

 

介護の現場は必ず対象者がいます。

その対象者にきちんと指示を伝えているでしょうか。

 

いわゆる声掛けとしての指示は出していると思いますが、肝心なのはそれが相手に伝わっているかどうかです。

 

「自分は言ったから、伝わっているはず」

実はそれが自分勝手な思い込みの可能性があります。

「言ったのにやってくれない」はもしかすると、そもそも伝わっていない場合もあるのです。

 

今回は視力低下の方の立ち上がり、歩行介助を例にとって、ワークに取り組んでもらいました。

目の見えない方が、曖昧な指示で立たされたり、歩かされたらどうでしょう?

恐怖心を抱くと思いませんか?

また急に腕をとったり、介護される側のペースと違うペースで動かしたりすると、それも恐怖心や不信感につながります。

 

ですから、「相手に伝える」はしっかりと行う必要があります。

その切り口として、スライドの「見る」、「話す」、「触れる」の重要性をお伝えし、それぞれを丁寧に行うことにより、介護される側の恐怖心や印象がどのように変わるかを体感してもらいました。



例えば、歩行介助の場合、「歩きますよー」と声掛けする方は多いでしょう。

それは間違いではないのですが、少し配慮が足りません。

というのも、「歩く」というのは、「目的の場所への移動手段」です。

「どこに」という目的地があって、歩き始めるものなのです。

ですから、歩行介助の場合も、「トイレまでまっすぐ歩きますよ」であるとか、どこに向かうかの指示を出すことで、歩き出しがスムーズになることは多々あります。

 

ヘルパーさんたちに話を伺うと、「今までそのように指示したことはなかった。実際にやってみると、少しのことなのに、まるで動き方が違いますね」と感想をくれました。

 

介護の対象はあくまで人です。人には意思があり、そこに働きかけることを「伝える」といいます。しっかり伝えて、相手の反応を待つゆとりを持つこと。

実際に限られた時間の中で、相手方への配慮を増やすのは難しく感じられる方もいらっしゃると思いますが、その少しの配慮が相手の笑顔につながるのであれば、取り組む価値はあるのではないでしょうか。

 

今回、研修に参加してくださった方々は、「明日からのサービスにいかします!」と気持ちよく言ってくださいましたので、今回の学びが良いサービスにつながることを期待したいと思います。

お忙しい中、研修へのご参加ありがとうございました。

 

また今月も他の事業所様で研修開催予定です。

在宅支援に関わる事業所様との連携強化も含め、当ステーションで出来ることは今後も積極的に取り組んでまいりますので、よろしくお願いいたします。

2018年2月
« 1月   3月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

カテゴリー

12

株式会社メディプラス (以下「当社」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

◆個人情報の管理
当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

◆個人情報の利用目的
お客さまからお預かりした個人情報は、当社からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。

◆個人情報の第三者への開示・提供の禁止
当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。
・お客さまの同意がある場合
・お客様個人を特定できない状態で開示する場合
・お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合
・法令に基づき開示することが必要である場合

◆個人情報の安全対策
当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。

◆ご本人の照会
お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

◆法令、規範の遵守と見直し
当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。なお、その場合には、当社Webサイト上に常に最新のプライバシーポリシーを掲載いたします。

◆お問い合せ
当社の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。

株式会社メディプラス
〒220-6208 
神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-5
クイーンズタワーC棟8F
TEL:045-664-7510

◆反社会的勢力排除宣言
株式会社メディプラスは、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力に対し、全社一丸となって排除することを宣言致します。
1.当社は、暴力団等反社会的勢力とは、一切の関係を遮断します。
2.当社は、暴力団等反社会的勢力による不当要求に対しては、毅然と拒絶します。
3.当社は、暴力団等反社会的勢力とは、サービスの提供その他一切の取引を行いません。