株式会社メディプラス

株式会社メディプラス

2017年12月20日

研修報告会を行いました!

こんにちは!大和事業所です。

 

先月、西鶴間メディカルクリニックにて開催された慢性疼痛イベントに参加させていただきました。遅くなってしまいましたが、事業所スタッフへその報告会を行いました。



医師、理学療法士、患者家族、理学療法士であり国会議員である山口和之氏も参加され、慢性疼痛について、クリニックの取り組み、患者側の視点、国の政策などそれぞれの視点からお話してくださいました。

 

医師と理学療法士が協力し、痛みに対する的確な診断、薬物療法やインターベンション治療を駆使した一時的な除痛を経験、認知行動療法を含む理学療法士によるアプローチの実践について、実症例を交えて紹介されていました。

 

慢性の痛みは患者の生活の質を著しく低下させ、就労困難を招く等、社会的損失も大きいとされており、国としても政策に取り組んでいるそうです。

 

訪問リハビリでも「痛み」の問題を抱えた利用者さんへ介入する機会は多いですが、痛みの病態は利用者さんそれぞれで異なります。時に痛みの原因を明確にするために「どこが痛いですか?」という質問を何度も繰り返し聞くこともありますが、慢性疼痛に対して、痛みを想起させる質問や言葉掛けはよる不適切なこともあります。

 

しっかりと治療プランを立てるためには原因を特定する作業は大切ですが、質問や会話によって痛みを惹起してしまう可能性があることを知っておかなければいけません。

 

慢性疼痛は社会的な要素や心理的な要素を含む複雑な病態であり、医師やセラピストが単独で治療を行うのではなく、多くの学問領域の専門家達が介入する多様な治療、包括的なケアが推奨されています。

 

慢性疼痛の病態をしっかりと把握し、患者を中心とした包括的ケアの実現に向け、チーム医療体制の構築に取り組んでいければと思います!

2017年12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

株式会社メディプラス (以下「当社」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

◆個人情報の管理
当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

◆個人情報の利用目的
お客さまからお預かりした個人情報は、当社からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。

◆個人情報の第三者への開示・提供の禁止
当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。
・お客さまの同意がある場合
・お客様個人を特定できない状態で開示する場合
・お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合
・法令に基づき開示することが必要である場合

◆個人情報の安全対策
当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。

◆ご本人の照会
お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

◆法令、規範の遵守と見直し
当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。なお、その場合には、当社Webサイト上に常に最新のプライバシーポリシーを掲載いたします。

◆お問い合せ
当社の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。

株式会社メディプラス
〒220-6208 
神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-5
クイーンズタワーC棟8F
TEL:045-664-7510

◆反社会的勢力排除宣言
株式会社メディプラスは、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力に対し、全社一丸となって排除することを宣言致します。
1.当社は、暴力団等反社会的勢力とは、一切の関係を遮断します。
2.当社は、暴力団等反社会的勢力による不当要求に対しては、毅然と拒絶します。
3.当社は、暴力団等反社会的勢力とは、サービスの提供その他一切の取引を行いません。