株式会社メディプラス

株式会社メディプラス

2015年02月25日

介助が楽になる3つの視点 ②

おはようございます。

 

昨日の記事の続きです。

前回記事はこちら→ 介助が楽になる3つの視点①

 

動きには必ず感覚が伴います。特に動きにとって重要なのは、触覚や圧覚などの支持面(床に接する面:立位だと足の裏)に接触した際に生じる感覚であるというお話でした。

 

さて、動くために感覚が重要であるということを説明しましたが、そもそも『動き』が現象として成り立つためにはどういった要素が必要であるかご存知でしょうか。

 

これもまた少し考えてみてくださいね。

 

 

thLI9N9L6R

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしょうか?

 

そんなに難しいものではないのですが、改まって聞かれるととてもややこしく考えてしまうというのは、不思議なものですよね。

それでは、引用させてもらったイラストを見ながら、答えに行きつくように質問をしていきます。

 

まず、イラストのおじさんが目的地まで歩く(移動する)のに、0秒でいくことができるようでしょうか?

答えはNOですよね。

つまり、動作が現象として成り立つためには『時間』が必要なのです。

 

続いて、イラストのおじさんの目の前が壁だったら、歩くことができるでしょうか?

答えはこちらもNOですよね。

つまり、動作が現象として成り立つためには『空間』も必要なのです。

 

もう一つ、重要な要素として、物体は外力が加わらない限り、その場から動かないという性質がありますから、

動作が成り立つためには『力』が必要なこともお分かりになるかと思います。

 

まとめますと、動作が現象として成り立つためには、

『時間』と『空間』と『力』が必要になるということですね。

 

 

正解した方は、おそらくすでに上手な介助が出来ていると思われます。

 

なぜなら『介助』というものを分解していきますと、以下のようなポイントが出てきます。

 

・対象者の動く速さやタイミングと介助者のそれがあっているかどうか     ・・・『時間』

・対象者が動きやすいように空間を作れているかどうか            ・・・『空間』

・対象者が発揮している力の方向と、介助者の加える力がずれていないかどうか ・・・『力』

 

上記のポイントに配慮することで、上手な介助につながってくるんですね。

もちろん、疾患や症候も重要なポイントになりますよ。

ただ、疾患や症候が異なることによって、『時間』や『空間』や『力』の使い方が変わるというだけなので、結局は上記がポイントになるということなんですね。

 

 

さて、次回の記事では、『時間』と『空間』と『力』という概念をどのように活用していけば良いか解説いたします。

お楽しみに。

 

それでは。

 

 

2015年02月24日

介助が楽になる3つの視点 ①

こんにちは。

 

介助が楽になるには? の続きです。

 

前回の記事でお伝えしたように、介助が楽になるためには、相手の動きをいかに引き出していくかということがポイントであることをお分かりいただけたかと思います。

 

相手の動きを引き出していく。

 

これはどこにでもある言葉ですが、それでは「この言葉をどのように具体化していくか」となった時に、皆様はどのように考えますか?

 

今回の研修で取り扱ったのは、それを考えるための武器なのです。

それが以下に記載する介助が楽になる3つの視点です。

 

①感覚

②時間・空間・力

③骨と筋肉

 

それでは、一つ一つ簡単に解説していきます。

 

① 感覚

今、このブログを読んでいる方は、椅子に座って読んでおられることと思います。

中には寝そべりながら読んでいる方もいるかもしれません。

そこで一つ質問なのですが、

「なぜ、今あなたは『座っている』ということがわかるのですか?」

「あるいは『寝ている』ということがわかるのですか?」

少し考えてみてください。

 

241hennsyuu

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうでしょうか?

答えは簡単ですね。そう、『感覚』があるからです。

では、具体的にどのような『感覚』で座っているということを知ることができますか?

 

目をつぶっても、座っていることはわかりますよね。

鼻をつまんでも、座っていることはわかりますね。

耳をふさいでも、座っていることはわかりますね。

 

ではどんな感覚を使用して、座っているということを理解しているのでしょう。

実はその感覚が『動くこと』に大きな影響を及ぼすのです。

 

それは、触覚と圧覚ですね。

我々は身体のどこの部位が、床面や支持面と触れているかということで自分自身の姿勢や動きを知ることができるのですね。もちろん、動きに直接関与する感覚もあるのですが、こと姿勢を保つということに関しては、この『触れている感覚=触覚』や『押されている感覚=圧覚』がとても重要になります。

 

身体と支持面の接触面が移り変わっていくのが、『動作』になります。

 

寝返りの際には、背中に圧がかかっているのが、体の横面に移っていくことで「寝返った」ということを理解します。

勘の良い方はお気づきだと思いますが、我々が介助をするときにはこの『感覚』を対象者に与えるように動かすことが大切になるのです。

 

寝返りの時には、背中から身体の側面へ。

立ち上がりの時には、おしりから足の裏へ。

 

この体重の移動を支援することによって、対象者は安心して動くことができ、そのことで結果的に介助量は少なくて済むようになるのです。

 

そこから考えるもっともやってはいけない介助とは何か?

 

それは「持ち上げる」ということですね。

時と場合に応じて、持ち上げる必要性がある場合も考えられますが、原則として持ち上げてはいけません。なぜなら、体重を支持しているところから急に持ち上げられるということは、足場を失うことと同じだからです。つまり怖いのです。恐怖心は全身の緊張を強め、動き辛くなりますので、結果的に介助量は多くなってしまうのです。

 

もし皆さんが持ち上げるような介助を選択していたとするならば、まずは対象者の気持ちになってみてください。

そこをくみ取ることさえできれば、『感覚』がいかに大切であるかお分かりになるかと思います。

 

 

長くなりましたので、続きは次の記事でまとめます。

 

それでは。

 

2015年02月20日

南長津田団地 体操教室開催♪

みなさん、こんにちは♪
長津田ステーションです!

南長津田団地にて、
ご高齢者向けに体操教室を開催致しました!

 

理学療法士によりストレッチをみなさんで入念に行い
ズンドコ節に合わせてズンドコ体操♪

s-南長津田写真

 

 

 

 

 

 

 

ズン ズンズン ズンドッコ♪

 

 

今回は森永乳業のご協力をいただき、
ホネミカという機械で骨強度の測定をしました!

s-ホネミカ

 

 

 

 

 

 

みなさん、興味津々で測定されてました!!

またお会いしましょう!!

 

 

2015年02月19日

介助が楽になるには?

おはようございます。

昨日はタツミ訪問看護ステーション鶴間サテライトで、研修会を開催いたしました。

タイトルは『介助が楽になる3つの視点』です。

 

『介助が楽になる』

 

これはどのようにしたら達成できるのでしょうか。

大きく分けると2パターンしかありません。

 

1つ目は、介助者が身体を鍛えて、強い力を発揮できるようになる。

2つ目は、対象者(介護を受ける側)の力を引き出して、できる限り動いてもらう。

 

このどちらかです。

 

皆さんなら、どちらを選択しますか?

 

今回の研修会でお伝えした内容は、2つ目の「対象者の力を引き出して、できる限り動いてもらう」ためのものです。

 

それは「どうやって対象者を介助をするか」という介助者目線での介助方法を選択するのではなく、

「どのように支援すれば、対象者は動きやすいか」というあくまで対象者の目線にたった介助方法の選択が結果的に『介助が楽になる』ということにつながるからです。

 

『介助をする自分自身がどのように動けば楽になるか』という視点しか持ち合わせていないと、自分のやりやすいやり方を対象者に押し付けることになります。

それでうまくいく場合もあれば、うまくいかない場合もあります。対象者の能力は一人一人異なるので、うまくいかない方が多いです。

そして、うまくいかない場合にどうするか。

たいてい力づくでやってしまうか、また別の方法を探すということになります。

こういった事が、「介助=きつい、難しい」という印象につながるのです。

 

もしそういった印象をお持ちの方は、まず自分自身の視点を変えてください。

あなたがどうこうするのではなく、対象者が動きやすいようにふるまうだけで介助は楽になります。

 

〇声掛け

〇立ち位置

〇触れる場所

〇誘導の方向

〇タイミング

 

これらはすべて対象者に楽に動いていただくために重要なのです。

決して自分勝手に決めてしまってはダメです。

相手が動きやすいということは、その分の介助負担は減りますね。

逆に、相手が動きにくいということは、その分の介助負担は結局介助者にのしかかってきてしまいます。

 

今回、研修会でお伝えした内容は、

『相手の動きを引き出す介助』を実現するために、中でも重要な3つの視点ということでした。

 

気になりませんか?

 

詳細は次回にまとめていきますので、お楽しみに。

 

それでは。

 

 

2015年02月17日

鳶尾団地の老人会に行ってまいりました!

007 2月で0115回目の定例会です。

 鳶尾団地では高齢化が進み、独居の方も多く、皆で顔の見える関係づくり、地域での助け合いを元に発足した会だそうです。

先日も急病の方もおられ会長さんや会員の方が救急車に付添う事もあったようです。

ケアマネの畑さんも協力的な方々がおられ、助かっていますとの事でした。 

今回の定例会は2月のぽかぽか陽気の中、18人の会員の皆様が出席され

タツミ訪問看護ステーション厚木でも何か地域に協力できる事がないかと思い、

「認知症を学び地域で支えよう」のテーマでミニ勉強会を開催いたしました。

講師は 厚木ステーションの藤本NS。他 磯崎NS。

認知症とは どういうものか?認知症の症状、予防、認知症の人と接するときの心がまえ等分かりやすく説明していただきました。

 

皆さん真剣にお話を聞いていただき、あっという間に1時間が過ぎておりました。

こちらの会には、ヘルパーさんも1名出席されており 器用に作成された紙の器の

り方をお聞きしたり、なごやかな時間を過ごさせていただきました。

次回の3月の定例会は お花見だそうです。

又、何か地域に協力できる事があれば参加させていただく次第です。

2015年2月
« 1月   3月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728  

カテゴリー

12

株式会社メディプラス (以下「当社」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

◆個人情報の管理
当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

◆個人情報の利用目的
お客さまからお預かりした個人情報は、当社からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。

◆個人情報の第三者への開示・提供の禁止
当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。
・お客さまの同意がある場合
・お客様個人を特定できない状態で開示する場合
・お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合
・法令に基づき開示することが必要である場合

◆個人情報の安全対策
当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。

◆ご本人の照会
お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

◆法令、規範の遵守と見直し
当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。なお、その場合には、当社Webサイト上に常に最新のプライバシーポリシーを掲載いたします。

◆お問い合せ
当社の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。

株式会社メディプラス
〒220-6208 
神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-5
クイーンズタワーC棟8F
TEL:045-664-7510

◆反社会的勢力排除宣言
株式会社メディプラスは、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力に対し、全社一丸となって排除することを宣言致します。
1.当社は、暴力団等反社会的勢力とは、一切の関係を遮断します。
2.当社は、暴力団等反社会的勢力による不当要求に対しては、毅然と拒絶します。
3.当社は、暴力団等反社会的勢力とは、サービスの提供その他一切の取引を行いません。