株式会社メディプラス

株式会社メディプラス

2015年01月27日

タツミ訪問看護ステーション池上春風 オープン!!

タツミ訪問看護ステーション池上春風は、平成27年に「この街で一番身近な訪問看護ステーションでありたい」という思いから開設しました。

皆様に出来る限りの「安心」「ぬくもり」「適切な判断と対応」「その方を中心とした連携を大切に」をモットーに確実な技術をご提供させて頂いております。

お一人お一人のニーズに合わせ、看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士がより専門的で質の高いサービスを提供させて頂きます。

これからの日本はますます高齢社会となる一方で、皆様が「年を重ねても病気になっても自分らしく暮らしていきたい」という願いを叶えられるようにするには、今後の日本は在宅医療がより一層必要とされることになります。

もし、在宅療養や介護についてお悩みを抱えているようでしたらまずはご相談ください。

地域医療の身近な専門家として、ご利用者様・ご家族様と共にこれからを一緒に進むパートナーでありたいと考えております。

どうぞ宜しくお願いいたします。

2015年01月27日

タツミ訪問看護ステーション鶴ヶ峰オープン

平成27年1月旭区鶴ヶ峰駅近くに事業所を開設いたしました。

 

私たち専門職であります看護師、リハビリスタッフがご自宅まで訪問させて頂き、住み慣れた環境でその方らしく、安心した生活が送れるようにご本人、ご家族の意見を尊重し、一人一人に合わせた看護を提供させて頂きます。

きめ細やかなサポートを心がけ皆様に愛されるステーションとなるようスタッフ一同頑張っていきたいと思っています。

s-鶴ヶ峰開設集合写真

 

 

 

 

 

地域の方との交流を大切にしていきますので、どんな会社なのか、どんな職員がいるのか、どうぞお近くに来られる際はお立ち寄り頂けたら幸いです。

お話し好きで経験豊かな職員が多いので些細なご相談でもお受けします。どうぞよろしくお願いします。

スタッフ一同

2015年01月26日

タツミケアプランセンター日吉2月1日オープン!

皆さん、初めまして。タツミケアプランセンター日吉で、この度、管理者兼ケアマネジャーとして働く事になりました島袋です。

s-島袋さん写真

 

 

 

 

 

日吉のオープン準備に向けて、毎日少しずつですが帳票の整理や、地域への周知活動を行っております。

s-玄関

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケアマネジャーというお仕事は、お客様や地域の方々の支えと、サービス事業所があってこそ成り立つ仕事だと思っております。タツミメディカルでは、訪問看護の事業所が併設されており、病気や障害をお持ちの方でも、安心して住み慣れた地域やご家庭での生活ができるように、スムーズな医療連携を図りながら介護支援をさせて頂きたいと思っております。介護や医療で困った事があれば、いつでも相談できる。そんな地域に密着した愛される事業所を目指していきたいと思います!!

 

2015年01月21日

体操教室開催決定♪ 南長津田団地

こんにちは!!
長津田ステーションです!!

寒い日が続いており、体も震えて肩も凝ってる今日この頃です(笑)

さて、「なかなか体を動かす機会がないですねぇ~」という声に
お答えして健康体操教室を開催させていただくことになりました!

<告知>
2月20日13時30分より
南長津田団地集会所にて

南長津田団地のみなさ~ん♪
お会いできるのを楽しみにしておりますぅ!!

KIMG0229


 

 

2015年01月7日

研修会に参加してきました!

みなさん、こんばんは。

新年最初のブログ更新になります。

明けましておめでとうございます。本年もタツミメディカルサービスをよろしくお願いいたします。

今回は昨年末に参加させていただきました研修会の報告と雑感を述べさせていただきたいと思います。

インキュベクス様主催の研修会でテーマは

「リハビリテーションの現状と今後の課題」

というものでした。

講師の方は、株式会社Work Shift 代表取締役であり、理学療法士の高木綾一先生でした。

 

研修会の中で、「リハビリテーションとは?」という問いかけに対して歴史的、社会的背景を踏まえた上でリハビリテーション本来のあり方を再考しました。そして、現状や今後の課題を国の動向など幅広い観点から解説していただきました。

現状や今後の課題については、やはり「リハビリテーション」という用語の偏った認識から生じているように感じました。

「リハビリテーション=訓練」

このようなイメージが社会的に見ても根深く存在しているのではないでしょうか。

 以前投稿した記事の「理学療法士の視点」の中で、リハビリテーションという言葉の語源を記載したので以下に引用します。

リハビリテーション(rehabilitation)という言葉の語源が、re(再び)+ habilis(適した)、すなわち「再び適した状態になること」「本来あるべき状態への回復」ですので、それは患者様であり、利用者様ありきのものなのです。

リハビリテーションというのは大きな目的であり、訓練というのはその一つの手段にすぎません。

巷ではこんな言葉をよく聞きます。

『体力が落ちてきた→ではリハビリしましょう。』

『今リハビリしないと、この先が大変ですよ。』

これは「リハビリ=訓練」という意味で使用されています。

この認識からすると、「リハビリ」という言葉は本当に都合の良い言葉です。

・足りないものを補うという意味合いでの用語

・この先のリスク管理としての意味合いでの用語

いろいろ場面で「リハビリ」という用語が使われてしまっています。

そのどれもがリハビリテーションの本来の意味からは外れてしまっているのが残念です。

講演の中で、高木先生は 「QOLを考えることのできるアプローチがリハビリテーション」 であるとお話されていました。

「QOLを高める」ではなく、「QOLを考える」と表現されていたことに深く感銘を受けました。

一人の利用者さんと向き合い、その利用者さんが望む生活を具現化しようとした過程でQOLが高まっていくのだと思います。

リハビリテーションに対する認識を深める。

社内でもしっかり「リハビリテーション」の意味について皆で言及していきたいと思います。

次回は、リハビリテーションセラピストとしてとても重要だと考えている視点を紹介したいと思います。

それでは。

2015年1月
« 12月   2月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

12

株式会社メディプラス (以下「当社」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

◆個人情報の管理
当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

◆個人情報の利用目的
お客さまからお預かりした個人情報は、当社からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。

◆個人情報の第三者への開示・提供の禁止
当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。
・お客さまの同意がある場合
・お客様個人を特定できない状態で開示する場合
・お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合
・法令に基づき開示することが必要である場合

◆個人情報の安全対策
当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。

◆ご本人の照会
お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

◆法令、規範の遵守と見直し
当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。なお、その場合には、当社Webサイト上に常に最新のプライバシーポリシーを掲載いたします。

◆お問い合せ
当社の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。

株式会社メディプラス
〒220-6208 
神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-5
クイーンズタワーC棟8F
TEL:045-664-7510

◆反社会的勢力排除宣言
株式会社メディプラスは、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力に対し、全社一丸となって排除することを宣言致します。
1.当社は、暴力団等反社会的勢力とは、一切の関係を遮断します。
2.当社は、暴力団等反社会的勢力による不当要求に対しては、毅然と拒絶します。
3.当社は、暴力団等反社会的勢力とは、サービスの提供その他一切の取引を行いません。