株式会社メディプラス

株式会社メディプラス

2014年12月17日

勉強会を開催しました

みなさん、こんにちは!

 

先日、タツミ訪問看護ステーション鶴間サテライトの事務所で、スタッフがセラピスト向けの勉強会を開催いたしました。

「セラピストとしての質を高めていくためには?」を根幹において活動しているこの勉強会には、病院やクリニック、デイサービスにお勤めの方、また自身で訪問看護ステーションを立ち上げた療法士の先生など幅広い方に来ていただいております。

活躍する場所は違えど、「セラピストとしてどのように成長していくか?」ということは目の前にいる患者さん・ご利用者様へのサービス提供に直結する課題です。

この勉強会でも大切しているのが、『目的の再考』であり、『目標設定』です。

『目的』や『目標』の概説については、前回記事を参照ください。

→『目的』と『目標』

 

日々の業務に追われてしまうと、どうしても見失いがちになってしまうのが『目的』です。

「私はセラピストとして何がしたいのだろう?」

「私の大切にしている看護観って何だろう?」

こうした言葉かけをすることで、自分自身を客観視することができます。

自分自身を客観視することによって、自分自身が目的に向かって進めているのかを把握することが可能になります。

 

私自身は、これらの問いかけをルーティンにしています。

毎朝事務所のデスクに向かった時に短時間ですが、「今日はどんなことをしたいか?」、「目的達成に向けてどんな準備をしていくか」

利用者さんのお宅に訪問する前に、「今日はどうやって利用者さんの笑顔を引き出そうか?」、「何が貢献できるか」

 

目的を見失いかけた時にこそ、大切なのは自分自身への「質問」です。

その質問への答えがあなたの「目的」となり、より細分化する質問を加えていくことで、「目標設定」が可能になります。

 

このような『自分自身との向き合い』のようなものが成長のきっかけになるのかもしれませんね。

 

言葉として表現すると簡単なことですが、実際やってみると難しいものです。

しかしながら、それは習慣化されていないからにすぎません。

少し手間のかかる作業ですが、とても効果的なので是非皆様も実践されるとよいかと思います。

 

それでは。

2014年12月
« 11月   1月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー

株式会社メディプラス (以下「当社」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

◆個人情報の管理
当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

◆個人情報の利用目的
お客さまからお預かりした個人情報は、当社からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。

◆個人情報の第三者への開示・提供の禁止
当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。
・お客さまの同意がある場合
・お客様個人を特定できない状態で開示する場合
・お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合
・法令に基づき開示することが必要である場合

◆個人情報の安全対策
当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。

◆ご本人の照会
お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

◆法令、規範の遵守と見直し
当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。なお、その場合には、当社Webサイト上に常に最新のプライバシーポリシーを掲載いたします。

◆お問い合せ
当社の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。

株式会社メディプラス
〒220-6208 
神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-5
クイーンズタワーC棟8F
TEL:045-664-7510

◆反社会的勢力排除宣言
株式会社メディプラスは、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力に対し、全社一丸となって排除することを宣言致します。
1.当社は、暴力団等反社会的勢力とは、一切の関係を遮断します。
2.当社は、暴力団等反社会的勢力による不当要求に対しては、毅然と拒絶します。
3.当社は、暴力団等反社会的勢力とは、サービスの提供その他一切の取引を行いません。